二日酔いの原因

お酒を飲みすぎた翌日の朝から頭が痛かったり、
気分がすぐれない二日酔いって嫌ですよね。

 

 

年末年始にかけてどうしてもお酒を飲む機会が増え、
毎週毎週飲み会がある人にとって二日酔い対策は
早急に対処しなくてはいけない課題でしょう。

 

そもそも二日酔いはいくつかの原因がありますが、中でも
多いのが水分不足とアセトアルデヒドによるものです。

 

水分不足対策

アルコールには利尿作用があるので大量の水分を尿として
体外に排出しやすくなります。
ですがそんなアルコールの分解には水分がまた必要なんです。

 

大体目安として中ジョッキのビール2杯で体内の約1リットルの
水分が失われます。
お酒を飲むときや飲んだ後にはしっかりと水分を意識的にとり
水分不足に陥らないようにしましょう。

 

 

アセトアルデヒド対策

アルコールは体内でアセトアルデヒドという毒性のある成分に
分解されますが、これが体内に残ると二日酔いになります。

 

アセトアルデヒドの解毒には肝臓を強化するのが一番です。

 

よく飲まれているウコンやしじみといった飲み会のお供は
肝臓の働きを強化する効果があるんです。

 

特にしじみに含まれるオルニチンは肝臓を強化して、
アルコールの分解も促進してくれるので酔いにくくもなります。
飲み会が続く時期にはオルニチンをしっかりとって二日酔いの
予防と対策をしっかりとりましょう。

 

 

今ならワンコインでオルニチンが試せるので、ウコンドリンクを
3回買うよりも安く済みますよ。