美味しいだけではなかった

最近都内の居酒屋で青汁が流行ってます。
普通に飲むソフトドリンクとしてはもちろん
ウイスキーやカクテルなどを青汁で割るメニューが多いのです。

 

なんでもその青汁、ただの青汁じゃないとか。
お酒に合うようにお茶のようなさっぱりした
風味に仕立てて、確かに青汁とは思えない飲みくちです。

 

 

でもそれだけではありません。
この青汁、生青汁と言って一般的に
ドラッグストアに売ってる粉末の青汁と違い、
加熱処理していないから酵素が生きているそうです。

 

酵素って生野菜からしか基本的に摂れませんが、
酵素が不足すると肌荒れや便秘、肥満等になるので
大抵それらの症状に悩む人は酵素が不足しています。

 

でも普通の青汁では酵素が死んでしまっているので
とれるのは熱に強い栄養素と食物繊維のみ。
(それでもまあ便秘解消くらいにはなるのかな)

 

だから本当に健康志向が強い人は
そういった粉末の青汁ではなく、
生青汁やスムージーを飲むそうです。

 

 

 

で、なぜ居酒屋で生青汁なのか。
それは客の健康志向に合わせたのもありますが
青汁割りのお酒は非常に二日酔いしづらいのです。

 

おそらく酵素が摂取できるので
酵素のデトックスパワーが生きているのでしょう。
健康にも良いし、一石二鳥ですね。

 

ちなみにこの居酒屋の生酵素、通販で買えます
粉末になってますけど加熱はしていないので
しっかり酵素は生きていますから安心。

 

 

しかも単価は居酒屋より数倍安い。
今では気軽に家で青汁割り作って飲んでます。
味的にも健康的にもオススメですよ。