オルニチンのせいじゃないけど

しじみやオルニチンが肝機能の改善になるのなら、
肝硬変だって改善するんじゃないか・・・と思いました。

 

確かに天然成分だけで肝硬変がよくなるなら
コスパ的にも身体にもすごくよろしいのですが、
結論から言うと残念ながらその可能性は極めて低そうです。

 

というのも、そもそも肝硬変と診断されてしまうと
一般的に肝臓に良いとされる食べ物
(しじみ以外にもほうれん草やレバー等)
は摂取してはいけないと、病院で固く言われるとか。

 

ただ、それはオルニチンが悪いという訳ではありません。
肝硬変は過剰に肝臓に鉄分を溜めてしまうので
鉄分摂取を控えるのが一番の治療法です。

 

なのに、しじみやレバー等には
鉄分も豊富に含まれているので
オルニチンと一緒に鉄分まで吸収してしまうのがよろしくないのです。

 

 

ではオルニチンのみを摂取したらどうなのか?
これはどちらとも言えないと思います。

 

そもそもオルニチンで改善するのって
オルニチンサイクルの正常化による
解毒作用や代謝アップなので、
肝硬変とはカテゴリが違うのですね。

 

ですが、悪い作用もないので
医師にストップされない限りは飲んでも良さげです。

 

ただ、それで効果があるかはまた別問題。
個人的には肝硬変の場合、
無理してオルニチンサプリを
摂取するほどのこともないかと考えます。

 

もちろん肝硬変とは別に
朝起きられないなどの症状があるなら
オルニチンのみのサプリを検討しても良いと思います。

 

ただその場合も、医師からの指示が
最優先であることを忘れてはいけません。