いざって時のための一本

オルニチンのドリンクは、とにかくオルニチン含有量が多いです。
例えば最近発売された協和発酵のドリンクは、
たった一本で1600mgものオルニチンを摂取できます。

 

同じ会社が販売しているオルニチンサプリの場合
1日6粒の摂取が推奨されているんですけど
6粒でだいたい900mgくらいになります。

 

(※)オルニチンの1日の摂取目安量は、
多くても1000mgとされています。

 

そう考えるとオルニチンドリンクが
いかにすごい量のオルニチンを含むかわかりますよね。

 

しかもドリンクのほうがサプリよりも吸収されやすく
効果も比較的早く出やすいというメリットが有ります。

 

と、ここまで書いてしまうと
ドリンクのほうがいいことずくめに見えます。

 

ドリンクのネックの一つは、
価格的には手軽でないところ。
サプリと比べると1本当たり250円ですから
倍以上の値段になってしまうわけです。
初回お試しだと1本100円で、すさまじいコスパになります)

 

でも…栄養ドリンクと比べると、そんなに高くないですよね?
むしろ二日酔い対策・防止系のドリンクの中では
かなり良心的な部類の値段だと思います。

 

 

つまり、オルニチンドリンクはまさに切り札として
疲労や酔いが半端ない時に飲むものなんです。
普段であればここまでのオルニチン量は必要ありませんから。

 

お酒を飲むことが多い人は通常飲むオルニチンに加え、
このオルニチンドリンクをお守り代わりに持っておくと
いざって時に安心できると思いますよ。