どちらでも同じか?

体内にとって毒素であるアンモニアを尿素に換え、
体外へ排出するうえで大切な尿素回路。

 

そこで登場する主な3成分が
・オルニチン
・シトルリン
・アルギニン
です。

 

実はこのうちのどれを摂取しても
尿素回路は活性化することが分かっています。

 

尿素回路の活性化はすなわち、肝臓の活性化。
・疲労回復
・二日酔い対策
・胆汁の分泌促進
・成長ホルモンの分泌促進
といった効果が出ることを期待できます。

 

 

それではどの成分を摂取しても同じか
というと、そうではありません。

 

まずアルギニン。
一般的に体内に取り込もうとすれば
経口摂取ということになりますが、
この場合の吸収効率が非常に悪いのです。

 

尿素回路は
オルニチン→シトルリン→アルギニン→オルニチン
という風に回っていますから、
アルギニンの効果が目的だとしても
オルニチンかシトルリンを摂ったほうがいいのです。

 

では残り二つのどちらか、ということになりますが
吸収効率に関してはどちらも大差ありません。

 

違いは、シトルリンは一酸化窒素サイクルも活性化する点です。
シトルリンからアルギニンに変換されるとき、
一酸化窒素を発生させる回路も同時に働きます。
その結果、血流を改善する効果が期待できるのです。

 

もちろんオルニチンを摂っても
尿素回路に乗ってしまえば同じことが起こるわけですが、
そのワンクッションがまどろっこしいと感じる人は
シトルリンから摂取するのもアリだと思います。