アルコールを解毒するのか

オルニチンには確かに二日酔いに効く働きがあります。

 

ですがオルニチンにアルコール解毒効果はありません
あるのはアンモニアの解毒効果のみなんです。

 

 

お酒を飲むと約20%のアルコールは胃の中で吸収され、
残りの約80%が肝臓に流れ込みます。
肝臓でアルコールは酸化されてアセトアルデヒドに変化し、
それが二日酔いなどの原因になります。

 

そこで重要なのがこのアセトアルデヒドをなるべく早く体外へ
排出することです。
その為には代謝速度を速くするしかないんです。

 

オルニチンは肝臓のミトコンドリアの働きを助けることで、
肝臓全体を活性化してくれます。

 

 

ですからお酒を飲んでアルコールが肝臓に流れ込んで、
アセトアルデヒドを生成してもそれを素早く解毒して、
排出してくれるんです。

 

その結果血中に溶け出すアルコール量も減少し、
酔いも通常よりまわりにくくなります。

 

更に肝臓にはオルニチンサイクルという解毒システムがあり、
それでアルコールをアンモニアとして排出しています。
そのアンモニアを分解するのでオルニチンには二日酔いの
予防効果もあるんです。

 

 

つまりまとめるとまず肝臓の働きを強化するのでアルコールを
分解する力が強化されて、アルコールの解毒を促進します。

 

さらにアンモニアの分解を促進することでアセトアルデヒドなど
有害物質を体内に残しにくくします。
その結果二日酔いしにくくなるんです。